わずか30円でできる!?プリンタ不要の自作ステッカーを作ろう

こんにちは。カオルです。

 

最近はインクジェットプリンタなどで自分でステッカーを作れます。

シールプリント用のシートも安価で手に入れることもできるでしょう。

 

しかしながら、うちのプリンタはすでに黒以外切れてしまっていて、白黒印刷専用になってしまっています。(色付きインクは結構高い・・・)

 

また、インクジェットプリンタで作成したステッカーは、上に保護用のクリアシートを貼ったとしても、耐候性がないため、日光で色が褪せてしまいます。

 

そこで今回は、わずか30円で耐候性もある自作ステッカーを作ってみました。

 

まずはステッカーの画像を作成しよう

まず使用したのは、Excelです。

写真プリントをしますので、写真Lサイズ(89㎜×127㎜)の寸法で

作りたいステッカーを配置します。

Excelを開き、図形の挿入をします。

四角形のサイズを、89cm×127cmにして、枠を作ります。(mmではちょっと小さすぎるので、大きめに作って後から縮小します)

今回はいろいろなロゴを集めたサイト「logos」から適当なロゴ画像をダウンロードしました。

 

https://www.logolynx.com/

 

 

 ロゴをエクセルに挿入し、枠内に配置します。

 

画像をJpegで保存

Jtrimというフリーソフトがあります。

 

このソフトはコピー&ペーストで簡単に画像化できるため、とても重宝しています。このブログの画像のキャプチャはこのソフトで画像にしています。

 

エクセルのステッカー範囲を選んでコピーし、

Jtrimに貼り付け。Jpegで画像を保存します。

 

コンビニの写真プリントを使う

画像をUSBメモリかSDカードに保存したら、近くのセブンイレブンへ行きます。

コンビニでは画像データを写真プリントできるサービスがありますので、そちらを利用しました。

 

写真プリントを選択

 

画像を選んで、プレビューを見ながら画像が切れないように縮小します。

(私は2回失敗しました・・・)

30円入れて、プリントします。

 

これでステッカーの元ができました。

しかしこれは写真プリントなので、当然ステッカーではありません。

 

ステッカーにする

次に、このままですと少し紙が厚すぎるので、裏側と表側を剥がします。

 

後は、切り取って、両面テープかスティックのりでステッカーにします。

私は文具用の両面テープを使ってみましたが、すぐにはがれてしまいました。

そこで、スティックのりに替えたらちゃんとくっつきました。

 

完成。とりあえずタブレットの裏側に貼ってみました。

スティックのりでもベタベタにはならず、はがしても跡は残りませんでしたよ。

 

ここまで、プリンターも専用の用紙も使っていません。

わずか30円でオリジナルステッカーを作ることができました。

 

デメリットは、売っているステッカーと比べてしわができやすかったり、表面が多少チープな感じがします。

 

 

でも、あまり気にしなければ、格安、簡単に作成できるので、こんなやり方もありだと思います。

 

それに、インクジェットプリンタで作ったステッカーよりも耐候性があるので、クルマなどにも貼ることができます。

 

車用にも作ってみた

これは写真プリントで作ったステッカーを木工用ボンドで、マグネットシートに貼り付けて作成したkkz.tokyoのオリジナルのマグネットステッカーです。

まだ貼って1ヶ月くらいですが、雨ではがれることもなく、今のところ退色もありません。

 

そんなに難しくないので、興味があったらぜひやってみてね!

(※著作権の侵害にならないように、個人の趣味の範囲でやりましょう。)

それでは、また。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。