古いipod touchをアクションカメラに活用しよう

こんにちは。カオルです。

 

家に第4世代のipod touchがあります。

 

すでにiosはアップデートできず、アプリも古すぎてダウンロードできません。

また、電池も弱っているため、すぐにバッテリーがなくなってしまいます。

 

何とか有効活用できないかな・・・と思っていたら、

これで「Gopro」みたいな感じのアクションカメラ的なものができないかな?

と思って、作ってみることにしました。

 

これは、私が整備するときにいつもかぶっている帽子。

ボロボロです。

 

これは、いつか買ったまま、使わないで眠っていた汎用ステー。

(100均やホームセンターで買えます)

 

まずはステーとipod touchをガムテープで貼り付けます

 

ステーを手で曲げて、帽子のツバに合わせて曲げます

 

位置が決まったら、キリで穴を2か所空けます。

キリだと穴が小さすぎるので、そのあと太めのドライバーで穴を広げます

 

 

ナンバープレート用のボルトとナット(10㎜)を使って、ステーと帽子を固定します。

ステーは切るのがめんどくさいのと、ipod touchの重さによるブレを防止するため、頭の後ろまでまげて持ってきます。

 

頭の方はボルト締めするわけにいかないので、頭頂部と後頭部を糸でステーと帽子を縫い合わせました。(後頭部は、メッシュになっていたので、ガムテープを貼ってから縫い針を入れます)

 

以上、これで完成です。

動画モードにすれば、自分の目線で撮影ができます。

 

バッテリーが弱いので、長時間の撮影は、モバイルバッテリーをつなぐしかなさそうです

 

こんな感じで

 

これの便利なところは、撮影している画面が自分で確認できることです

 

 このままでは金具丸見えでちょっと見栄えが悪いですが、たとえばもう一つ帽子を重ねればマシになります(と思います)

 

こんな感じ 2重帽子。

見栄えはともかく、ipod touchはしっかり固定されて、ブレもありません。

帽子なので、脱着も簡単です。

 

2重帽子なら、金具も配線も見えなくなりますので、外でも十分使えると思います。

 

打ち捨てられていたipod touchに、第2の人生を歩んでもらいましょう。

 

それでは、また。

作業時間:45分

費用:0円

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。