エアコンコンプレッサーが壊れた・・ついでに周辺部品を一気にリフレッシュ

こんにちは。カオルです。

 

20年10万マイルを超えると、通常消耗品でない部品も徐々に寿命を迎えていきます。
今年も車検を終えて、下回りを点検していたところ・・・見覚えのある色の水滴が・・・

 

ウォーターポンプの辺りから、クーラント漏れが始まっていました。
ロードマスターを購入時に新品交換してから10年14万km。LT1エンジンではウォータポンプの寿命の時期です。
さっそくウォーターポンプ交換してもらおうと、ショップへ見積もりに向かいました。

 

しかし、その道中エアコンが突如効かなくなり、エンジンルームからキュルキュルキュル・・・ゴムの焼けるにおい・・・これは・・・やばい。エアコンをOFFにしたら音が止まりました。
エアコンコンプレッサが焼き付いてロックしたのでした・・何てこった。

エアコンの修理、ウォーターポンプ交換確定・・・どうせウォーターポンプを外すのなら、デスビ、プラグ、プラグコードも一気に変えてしまった方がいいんじゃないかと思い、工賃を見積もってもらいました。点火系は20年全く交換してませんでしたので、そろそろお亡くなりになるのではないかと思ったのです。
しかし・・・

 
ん?24万円!?
工賃だけで?
えーと、部品を一式そろえるとすると・・・
ざっと見積もっても総額60万円超えますね。
さすがにこれは・・・高すぎる・・・

すごすごと帰る途中にもう一軒あったWHA CORPORATION(ワーコーポレーション)というお店を発見したので、相談してみました。
色黒の茶髪のパーマのサーファーのようなお兄さんから、「安い社外品使って20万円台位でできますよ!見積もりします!」と元気に言われたので、とりあえず見積もりをお願いして、後日連絡をもらうということで帰りました。でも、お店の雰囲気というか、やたらとマッスルカーや流行りの在庫車が並んだきれいなお店。でも、なんとなく、一抹の不安を感じていました。

それは・・・経験上、ある条件を満たすお店にほとんど一律に、ことごとく騙され、ぼったくられ、ひどい目にあった過去があったからです。(このことはまた別の機会にでも書こうと思います)

結局、お店から連絡はありませんでした。
連絡をする気もありませんでした。

約束を守れないお店とは取引以前に、客商売としてどうなのか、疑問を感じずにいられなかったのです。

自分の脳内で、「関わってはいけないお店認定フラグ」が立ったのでした。

 
あれこれ調べているうちに、1つの工場にたどり着きました。
タウンページに会社名はあるけれど、ホームページもなければ「スタッフのブログ」的なものもない。在庫車すらない。
とりあえず行ってみたら・・・
こっこれは・・・? 

さて、某所にあるこの整備工場。
1人でされているようで、この道30年のベテランだそう。
ウォーターポンプ、デスビ、プラグコード、プラグ、エアコンコンプレッサ、オリフィスチューブ、アキュムレータの交換工賃の見積もりをお願いしました。
すると、FAX用紙の裏に何やら書き始めました・・・
97200円。安。
何だこの違いは。

初めて来た工場ですので、どれ程の技術かはわからなかったのですが、作業の割に安い工賃で、アメ車をやってくれる工場は貴重なので、こちらでお願いすることにしました。

 

工場が決まれば、次は部品集めです。
アメ車のコストをミニマムにするための方法。
それは、「自分で部品をアメリカから直接買うこと」です。
昔は海外出荷に対応しているところは少なかったので、英語でいちいち見積もりを依頼しなければいけなかったのですが、今は部品を選んで、クレジットカードでクリックするだけで買えるようになっています。
専用部品の通販サイトのオススメは「RockAuto」です。http://www.rockauto.com/
純正、社外品豊富な種類から選べ、金額も円換算で買えます。
ただし、当然海外送料は高いので、まとめ買いをする程オトクということになります。

 

まずはサービスマニュアルで、必要な部品を確認。パーツリストがあれば品番で適合も確認できます。(ロードマスターのパーツリストは入手できていないので、カプリスB-bodyのパーツリストで調べてます。中身は一緒なので)

 

ウォーターポンプ(ACDELCO professional)
日本の部品商で買うと27000円位~。
RockAutoでは9206円。(当時。その時の為替で値段は変わります)
日本の部品商を通すと、適合保証、不良品の交換保証ができますが、価格は直接買い付けの約3~4倍(!)が相場。

 

デスビ。Assyだと高いので、デスビキャップ&ローターセットにしました。(ACDELCO GM Original Equipment)
日本でデスビAssyの価格は77200円。こちらは分解、消耗品だけ交換タイプで15674円。
ACDELCOには GM Original Equipment(OE)とprofessionalの2種類ある場合があります。Original EquipmentはGM純正指定部品のため、品質はお墨付き。professionalはACDELCOでも、あくまでサードパーティーとしての扱いのようです。
価格はproffesionalの方が安めのことが多い。
安い社外品もありますが、品質が悪いものもありますので、重要な部品ほど純正品を選びましょう。できればACDELCO Original Equipmentを推奨。個人的にはproffesionalでもありだと思います。

 

ウォーターポンプのサーモスタット用のシール。(ACDELCO)419円。(写真左)

エアコンコンプレッサー。(ACDELCO OE)
日本での純正価格は110000円(!)
こちらは22840円。

プラグコードセット(ACDELCO OE)
11164円。

 

プラグ8本(DENSO double plutinum 5070)
506円×8本。
これは日本メーカーがいいかな。

 

オリフィスチューブ(ACDELCO OE)
288円。

 

これはデスビ交換時にエンジン側についてるオイルシール。ついでにこれも変えたいと思っていました。(National)412円。

 

クランクプーリーのオイルシール。これは持ってました。
これは以前交換しようとして、ハブが抜けずプーラーがぶっ壊れたことがあり、その時に買ったものです(値段は日本で買ったので3000円くらいしたかな・・・)デスビ外すときはクランクプーリーも外すので、ついでに交換。

 

これは直接関係ないですが、ウォッシャータンクのフタが劣化して割れていたので、ついでに買っちゃいました(DORMAN)310円。

 

ウォーターポンプガスケット(FEL-PRO)(写真左)
実はウォーターポンプに付属でついてたので、買う必要はなかったのでした。216円。

 

RockAutoでは、専用部品は豊富ですが、油脂類、ケミカル、汎用製品は売ってない。そこで、「Amazon.com」。アメリカのアマゾンでは車の部品が豊富。汎用品も買えます。そこで今回はエアコンオイルR134(ACDELCO 15-118)16oz  2384円。 なお、エアコンのフィッティングを取り付け時、R12用のエアコンオイルを塗るようにサービスマニュアルに指示がありましたので、R12用オイルも購入。しかし、ここでまさかのロストバゲッジ!(荷物が行方不明になること)メールで連絡してAmazonで代品を手配してもらいましたが、在庫切れということで、R12用オイルは日本で買いました(ACDELCO)(エーカーパーツ)送料込み4039円。アマゾンの送料は無料になりました。

R12用オイル(ACDELCO)15-117

 

R134a エアコンガス。これは汎用品なので国内で出回っているもので十分。ロードマスターのエアコンガス容量は0.79Lなので、4本でいいのですが、念のため1本余分に購入。(結局4本で足りて使いませんでした)
車屋さんで買うと、1本1500円ですが、YAHOOショッピングで、1本220円。(RCA)

 

あと、デキシクール。この辺は日本でも価格はそれほど違いません。4L×2(ACDELCO)3280円×2(ワールドパフォーマンスサービス)

 

RockAutoで買い忘れてしまいました、アキュムレータ。(ACDELCO)RockAutoでは1550円でしたが、送料がまたかかってしまうので、日本で購入。5590円。(オイルシールは付属しています)

 

RockAutoでも見つからなかったオリフィスチューブ交換時のシール(100円)、ウォーターポンプのOリング(460円)は、日本の部品商で適合をVINナンバーを確認してもらって、購入(ワールドパフォーマンスサービス)

 

ウォーターポンプのエンジン側のオイルシール。(ACDELCO)これも見つからなかったので、日本で購入。送料込み2851円(エーカーパーツ)

 

その他、送料や、海外で一定額以上買い物した場合は別途消費税がかかります。

やっとパーツがそろいまして、工場へ持ち込み。2週間くらいでできました。
代車も貸してもらえて、ありがたかったです。

のですが・・・

車を引き取り帰る途中、クーラント温度が102℃になっているのに気付きました。工場に聞いてみると、なんとデキシクールを原液で入れられてしまっていました・・・(通常2倍に薄めないと性能が出ません)すぐに工場に戻り、薄め直してもらいましたが、正確な濃度がよくわからなくなってしまいました。

 

アストロプロダクツで、クーラントの簡易比重計を購入。(500円ちょっと。)

 

クーラント濃度を測り、抜いて、水を入れて濃度を調整。(この測定値は、クーラントの凍結温度を示します)

 

測定値と、クーラントのボトルラベルにある早見表で、大体の濃度を確認します。

今回は、濃度42%くらいでしたので、まあよしとしましょう。

 

こちらは取り外したデスビキャップ。
以外にも20年、17万km無交換だったにもかかわらず、電極はあまり減っていませんでした。

 

プラグも20年無交換でしたが、こちらは電極が減っていました。それでも、たいして影響は出ていませんでした。プラチナプラグはかなり持ちますね。

 

外したウォーターポンプ。
下のウィープホールからの漏れでしたが、回転軸からの漏れは見られませんでした。軸にガタもありませんでした。

 

コンプレッサー。こいつは焼き付いていました。20年間おつかれさまでした・・・

 

等など、いろんなことがありましたが、ようやく治りました。
今回の費用・・・
ウォータポンプ交換、プラグ交換、プラグコード交換、デスビ交換、ウォータポンプシール交換、デスビシール交換、クランクシール交換、エアコンコンプレッサ交換、オリフィスチューブ交換、アキュムレータ交換、エアコンガス交換。全部で工賃97200円。

パーツは全部で111624円。

合計:208824円
60万円の見積もりから、約3分の1まで下がりました。

とりあえず、点火系もリフレッシュされましたので、まだまだ走ります!

(2019年1月現在、20万km・・・ 異常は起きていません)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。